Cosmetics

肌に優しい化粧品選び

敏感肌の化粧水選びについて

化粧水がピリピリして染みたり、かぶれやかゆみを引き起こしてしまう敏感肌の方は、化粧水選びにも充分注意しましょう。 特に界面活性剤は肌に強い刺激を与えてしまうため、敏感肌の方にはあまり向きません。 まずは、界面活性剤が含まれていないものを選ぶのが大切です。 また、防腐剤や香料など、化粧水には様々な化学物質が入っていますが、肌の弱い方にはこれが刺激となってしまって、肌荒れを起こしてしまいます。 そのため、無添加タイプの化学物質が使われていない低刺激なものがおすすめです。 そして、しっかりと保湿ができる成分が入っていて、肌の炎症を和らげてくれるのもが良いでしょう。 一番重要なのは、使う前にしっかりと試してみるということです。 パッチテストを行なったりサンプルを使用してみるなど、肌に異常が出ないことを確かめてから使用するようにしましょう。

バリア機能に重要なセラミドについて

敏感肌の方は肌の水分が不足していて乾燥しているため、肌のバリア機能が弱くなっています。 肌を保護しているバリア機能が弱くなると、ほこりや花粉、有害物質などが肌に入り込みやすくなって、肌にかゆみやかぶれをおこしてしまいます。 そのため、敏感肌のスキンケアには、バリア機能を高めてくれる化粧水などを使用するのが大切です。 この役目をしてくれる成分がセラミドです。 バリア機能でも重要な役割を果たしていて、保湿しながら肌に異物が侵入しないように守ってくれます。 低刺激なせらミド配合の化粧水などを使用して、弱っているバリア機能を高めてあげるのがポイントです。 肌になじみやすいという特徴を持っていて、バリア機能の細胞間脂質をサポートすることができます。

年齢に負けない肌

加齢と共に肌の状態は、降下傾向に見られます。これは、エイジングケアを始めるタイミングでもあります。シミなどの肌トラブルを防ぐためには、美白ケアと紫外線対策を毎日丁寧に行っていくことが大切です。

3つのケア

肌ナチュールは夜に必要な3つのスキンケアを、いっぺんにまとめて行うことが出来るというスキンケアアイテムです。単なるクレンジング剤ではなく、洗顔もパックも含めた機能を秘めています。

乾燥による肌症状

アトピーは、大人にも発症の可能性があります。原因には乾燥がありますが、保湿をしっかり行うことで予防出来ます。万が一アトピーになった場合は、薬剤師や専門医に診察してもらい肌に合ったクリームを教えてもらいましょう。

メイクで保湿とケア

乾燥肌には、肌に優しい化粧品の使用を心がけることが大切です。肌への刺激や負担は、更に乾燥を悪化させてしまいます。配合成分や特徴を確認し、自分に合った化粧品選びをしましょう。

Copyright © 2015 化粧品でエイジングケア|肌トラブルの悩み解show All Rights Reserved. Design by www.alltemplateneeds.com